2015年11月14日土曜日

日本マイクロソフトのOffice付属させたがりは異常

さる11月12日、Surface Pro 4発売記念キックオフイベントに参加してきました。

実機に触れて大興奮!
Surface Pro 4

帰宅したときはまだ平静を装えたのですが...


二日経って、もはや「恋焦がれてる」とも言えるレベルでSurface Pro 4のことが気になって仕方ないです。若干とはいえ、Pro 3 よりも薄い!見てすぐわかる度合いで薄い!
Surface Pro 4

キックスタンドのすーっと倒れる感触も良かったなあ。
Surface Pro 4

Adobe CC だとか Bitwig Studioがサクサク動いている様も強く脳裏に焼き付いてしまって...
Surface Pro 4

これ買うべき?買いたい。欲しいよね。いや、でも高額すぎるし...

その高額に感じる要因が円安だと思っていたのですが、どうやら日本だけのスペシャル仕様のせいもあるみたいですね。
マイクロソフト、「Surface Pro 4」を11月12日発売、「Surface Book」も2016年初に - ケータイ Watch

法人向けモデルは、Officeが省略され、一般向けモデルより1万3000円引きの価格で提供される。

嗚呼そうだそうだ、Surface Pro 3 のときもそうだったし、Pro 2 でもそうでしたわ。他社の、たとえばASUSの VivoTabNote 8 を購入したときですらもOfficeバンドルでした。8インチタブレットなんだぜ?(笑)まあありがたいけども、さすがに8インチだと価格に比してOfficeのぶんが大きすぎるんで、販売店のほうでOffice抜いて安く売るというのが流行りました。

せっかく安く買える製品ですらOffice抱き合わせてしまうこのナンセンス。日本マイクロソフト何がしたいのか。Surfaceなんてクリエイティブ用途のサブマシンにも良いんだから、Officeについてはあってもなくてもどうにかしますよ。見るだけならOneDriveで開けばいいんだし。使いやすくはないけどGoogle Docsもあるんだし。

件のキックオフイベントにしたって、Adobe製品だとかDAWの展示があってゲストはイラストレーターさん、しかも絵を描くデモまでやったというのに、そこまでやっといて何故Office?

これさえあれば何もいらない?
いえいえ、Office要らないからもっと安くできない?

Officeバンドルしないと日本ではコンピュータが売れないと思い込む病気にでもかかっているんでしょうか。Adobe Creative Cloudフォトグラフィプランの半年無料体験でも付けてくれたほうがよっぽど売れるんじゃなかろか?そういうお披露目式をやっておいてなぜOfficeなのかという...

ちなみに私、経理はMacでやりたい派です。
Windowsで使うのはWordくらいかな。