2015年12月1日火曜日

アニメーションソフトに戻るのか?Adobe Flash が名称を Animate (アニメイト)に変更予定

一時代を築いたあのFlashもいまでは下火どころか要らない子扱いにまで。

どちらかというとAdobe時代よりもマクロメディア時代のほうがよく使っていたような気はします。で、そのFlashの名称がこんどはAnimate(アニメイト)に変わるそうです。
Adobe、「Flash Professional」の名称を変更 「Animate」に - ITmedia ニュースより

アドビシステムズは12月1日、Flash制作ソフト「Adobe Flash Professional CC」の名称を「Adobe Animate CC」に変更すると発表した。来年初頭に予定しているアップデートから適用する。

HTML5対応の改善を続ける一方、Flash(SWF)やAIR、放送品質のビデオなどのフォーマットへの出力もサポートを続けるとしている。

アニメイトというと日本ではまたちょっと違うアレですけども、名は体を表すということであれば、今後はもとのアニメーション制作アプリとして継続していくんでしょうかね。個人的にはそのほうがありがたいんですけども。アクションスクリプトとかじゃなくてタイムラインとトゥイーンを駆使したアニメーションがもっと作りやすくなればまた使いたいんですけどね。

AEはもとより、Photoshopでもいまはアニメーションやモーショングラフィックスができちゃうので、どういう方向へ進化していくのか気になりますね。YouTube動画などにちょろっと挟みやすい、ちょっとした2Dアニメーションを作りやすい環境を求めているんですけどね、私個人としては。

たとえば Surface であるとか iPad Pro のようなペン入力デバイスが発達してきているので、それをうまく活用したようなアニメーション制作が個人でも簡単にできるようになると良いな。