2015年12月16日水曜日

オリンパスのデジカメユーザー要注意!ファームウェアのアップデートでアレが初期化されます

もったいぶった書き方のタイトルですみません。

オリンパスOM-Dシリーズのファームウェアアップデートが公開されたことは先日お伝えしましたが、これについてひとつ注意喚起させてください。
OLYMPUS Firmware Update

ファームをアプデした後、はじめての撮影行で琵琶湖に行ったのですよ。いや実に素晴らしい画が撮れましたね。さすが私の愛する琵琶湖です。
琵琶湖

こりゃあ家に帰ってRAW現像するのが楽しみじゃわい。と新幹線(グリーン車)に揺られて2時間と少し、家に着いて旅の後片付けもそこそこに、早速パソコンにSDカードを読み込んでみたらば、あれ?あれれれ?

RAWデータがない!!!

JPEGしか読み込まれない!
あらららっららRAWデータどこ?
顔面蒼白になりつつデジカメのほうの設定を見てみたらば、どうもJPEGだけ撮影する設定になってる!どういうことだ?よくよく見てみれば、その他の設定もあちこち変わってるような気がしないでもない。

オリンパスさんに「もしかしてファームアップで各種設定が初期化されますか?」と訊ねたところ、都合によりそうなってしまうのだとか。それだったら、もうちょっと声高にアナウンスしてほしいところではあります。

だって、RAWで撮影できてると思ってたのにJPEGだったというのはほとんど事故ですもんね。仕事じゃなくて良かった、と言いたいところだけど、今回はふたご座流星群を追いかけて急遽琵琶湖まで行ったんです。残念ながら曇りで撮れませんでしたが、星撮りでJPEGしか残ってなかったら悲劇以外のなにものでもない。

ちなみに上の写真、琵琶湖に大津プリンスホテルと近江の山々の写真ですが、JPEGにフォトショップでちょいとコントラストや色味に手を加えただけのものです。OVFではなくEVF搭載のミラーレス一眼デジカメであれば撮影しながら追い込んでいけますので、仮にRAWデータがぶっ壊れて(最近あまり壊れないけどね)しまったとしても、JPEGだけでどうにかなったりする場合もありますね。

いやほんと、きちんと撮影しといて良かったというか、結構いい加減なことしちゃうと目も当てられないものだけが残るところでした。ちゃんと撮影時に追い込んでおくって大事です。あとオリンパスのアプデ後は皆さん各種設定を今一度ご確認ください。